うさぎ小屋だより

 2020/05/22  絵本作家、浦中こういちさんの新作

三重県出身の絵本作家、浦中こういちさんの新作が3月に発刊されました。みんな大好きくだものが、ページをめくるたびにいっぱい描かれています。みかんはオレンジ、りんごは赤と、大人は脳内変換してしまいますが、実は品種も増えている昨今、多様性に富んでいます。文字がないので絵を楽しめる年齢ならOK。クレヨンハウス刊なので大手書店ならきっとあるはず。(2号)
 2020/05/14  NAGIシリーズ「今ふたたびの くまのみち」取材行7

「今ふたたびの くまのみち」最終回は有井から浜街道を歩き、いよいよ新宮へゴール。時間に余裕があれば神倉神社へも参拝します。峠越えのないフラットな道ですが、距離は最長となります。暑くなる季節でもあり、梅雨入り前の日程としました。
6月10日(水)8:30JR有井駅集合、18:22解散予定 ※雨天の場合は12日(金)
歩行距離約25km(有井駅〜浜街道〜熊野速玉大社〜神倉神社〜新宮駅17:55)
装備/歩きやすい服装・靴(登山用ではなく運動靴)、帽子、タオル、昼食、飲み物、雨具
◎参加を希望される方は、6月8日(月)までに、お名前、年齢、携帯電話番号をお知らせください。
月兎舎TEL.0596-35-0556 FAX.0596-35-0566 E-mail:usagi@i-nagi.com
両日とも雨天の場合、参加希望者に別の日をお知らせいたします。
※参加は無料ですが、保険には未加入ですので、自己責任であることをご承知ください。
 2020/05/11  原発の断りかたを中日新聞夕刊で紹介してもらいました!

3月22日に開催した「原発の断りかた」出版記念イベントのことを、5月7日の中日新聞夕刊にてご紹介していただきました。記者さんは以前、尾鷲市にも勤務されていたので、三重県事情をよく御存知で、小誌のことも知ってくださっていて、今回は名古屋本社からはるばる参加して記事を書いてくださいました。記事はずっと前に書いていたのに、このコロナ騒動で延期になっていたのでした。東京新聞の夕刊にも同じものが掲載されたおかげで、関東からネットで小舎ホームページへたどり着いてくださった方もいて、ありがたいです。いま、Amazonも楽天も本の発送を制限かけているので、こんなときこそ出版元を当たってくださいませませ。(2号)

#原発の断りかた #月兎舎 #柴原洋一 #芦浜原発 
#芦浜原発白紙撤回20周年記念出版
 2020/04/24  テイクアウトをドライブスルーで

緊急事態宣言を受け、三重県内でもほとんどの飲食店がテイクアウトのみに舵を切っています。普通は店内でやりとりしますが、伊勢市神田久志本町の「SOUL満」では、自分の店の駐車場を使ってドライブスルーでお弁当を受け取れる!という画期的なアイデアが採用されています。ぜんぶのお店が真似できないですが、コロナに負けるなの気合いを感じます。お弁当がどれも安いのもありがたい。(2号)
#5670 #伊勢市 #買って応援 #食べて応援
 2020/04/22  南伊勢のマダイを食べて応援しよう!

4月中旬、「原発の断りかた」の著者・柴原さんのお仲間といっしょに姫越山へ登ってきました。その帰り、南伊勢町の養殖鯛がコロナ自粛により大消費地へ出荷できずピンチという中日新聞の記事を見て、阿曽浦の「友栄(ゆうえい)水産」へ立ち寄り、鯛を購入。ここは、小誌73号特集で登場していただいたゲストハウス「まるきんまる」橋本純さんの家業なのです。「鯛を持ってコロナゼロ(#5670)って呼びかけて」という純さんのリクエストに応じたこの写真、動画からの切り取りなので見にくいのはお許しを。南伊勢のマダイをまるっぽ一匹、食べて応援したいひとはまだまだ募集しています(3000円くらいの破格値です)。「ぽけまる」サイトや直接、友栄水産(0596-72-1351)へお問い合わせください。
純さんは、タイの捌き方動画も公開中です。(2号)
#南伊勢町#マダイ#5670


This CGI Script is Diary v1.1

[管理]