うさぎ小屋だより

 2019/06/12  4分の3

6月から毎週月曜、火曜の2回、凪の本屋さんをひらいて4回目。そのうち3日はお客様がいらしてくれているので、ちょっとうれしい。いまのところは見知った顔ぶればかりではあるのだけれど、「この日は行ってもいいんだ」と、うさぎ小屋のオープンマインドが広くいろんな人に伝わればいいと思っています。本来、本をつくる側の人は多種多様な価値観に触れているほうが楽しいと思うから。
写真の人は、10年ぶりに月兎舎を訪れてくださいました。本屋さん特集の感想をしたためてくださった手紙の主から凪の本屋さんのことを聞いたそう。世の中はいろんな輪っかでつながっていておもしろいなあ。(2号)
 2019/06/07  77号編集会議

本日はお足下の悪いなか、県内の北から西からライターとカメラマンが集まっての編集会議。入舎ほやほやの西村君(右列でいちばん若い男子)と、ライターデビューほやほやの栗山さん(左列の最奥に顔だけ見えている女子)を紹介してからの77号の反省と感想、次号特集のネタのプレゼンなどなど。おやつに伊勢抹茶カステラ、太閤出世餅を配ろうとしていたところに、元美ライターが伊勢カンパーニュのシュークリームを持ってきてくださり、女子のテンションあげあげに。次号も嵐を呼ぶ特集になりそうです。(2号)
 2019/06/03  凪の本屋さん、初のお客様

NAGI-77号に記載したとおり、6月より毎週月曜/火曜の週2回、午後の3時間のみ「凪の本屋さん」を始めました。
というのも「町の本屋なくしてええの?」特集を組んだ折、読者からの関心が高く、活字好きは買える場所が減っている現状を憂いているのを実感。また、かねてからバックナンバーの問い合わせが多く、各地域に1つはバックナンバー常備店を設けていただいているのですが、とっても古い号などはさすがに売り場に置けずで。だったら、思い切って編集室まで読者の方にお越しいただこうと!
本日、初のお客様は御薗町からお越しのHさん。新刊とアウトレットコーナーから1冊ずつお目当てのものを見つけられました。明日(6/4)の午後もオープンしてますので皆様どうぞいらしてください。(2号)
 2019/06/03  初出勤の西村くん

76号で募集していた新入舎員募集ですが、津市より西村くんが来てくれることになりました。本日が初出舎。お昼は,外宮前のおつかいついでに食堂喫茶「osse」さんへ。高野豆腐の揚げ出しランチを食べてスタートです。そのうち、西村くんにもウエブで記事を書いてもらいますね。(2号)
 2019/05/27  NAGI-78取材行 東熊野街道(熊野古道)歩き


NAGIシリーズ「いまふたたびのくまのみち」の取材行「3」を下記の通り実施します。
6月12日(水) ※雨天の場合は14日(金)
集合/午前8時40分 紀伊長島駅(JR紀勢本線)
   紀伊長島〜相賀まで、約20kmを歩きます。
装備/歩きやすい服装・靴、帽子、タオル、昼食、飲み物、雨具
◎参加を希望される方は6月7日(金)までにお名前と年齢、携帯番号をお知らせください。
月兎舎 TEL. 0596-35-0556 FAX. 0596-35-0566 Email. usagi@i-nagi.com
※予定日、予備日とも雨天の場合は、参加を希望された方に新たな日程をお知らせします。


This CGI Script is Diary v1.1

[管理]