仕事納め(大掃除)

2022年のうさぎ小屋は、本日が仕事納め。小屋をきれいにお掃除する係と、庭木を剪定する係に分かれて、午前中は大掃除を。1年間の締めランチは、高柳の料理工房「たなか」さんへ。胡麻豆腐のあんかけ茶碗蒸しや、さわらの刺身などなど冬の味覚が盛られていて、初訪問のユミコも大満足でした。帰路には街頭でしめ縄を売っていたので、買って帰り、さきほど1号が付け替えました。伊勢市では一年中かざるしめ縄。皆様にとっても来たる卯年が、よいこといっぱいの年となりますように。2022年の応援への感謝を込めて。(文責=2号)

2022年ありがとうございました

雑誌NAGIとしては「町かどのリゾート 銭湯」から始まった2022年。その頃は古墳取材と並行していたので、一年で一番寒い頃によく古墳巡りを(楽しそうに)歩いていたなあ、と感慨深いです。つづく89号では、三重の特産である「伊勢茶」を特集。取材先から頂戴したり、撮影用に購入したりで、編集室には大量の伊勢茶のあらゆるタイプのものが。5月に送っていただいた松阪・茶重さんの「新茶」を、本日からいただきます。1年間、本づくりに関わってくださった全てのみなさまに感謝。ひきつづき来年もご協力をいただければ幸いです。月兎舎は明日28日が大掃除です。(2号)

2022年最後の編集会議

NAGI−91号と「三重の個性派住宅5」が同時に刊行できた節目に、今年最後の編集会議を行いました。この日はカメラマン諸氏は欠席につき、女子ばかりの中に白1点の野兎1号がぽつん。東紀州担当ライターの元美さんはノンアルで乾杯するこの瞬間には間に合わず、後から駆けつけてくれました。今年最後のライター顔合わせなので、お弁当は豪華ミルポワの2段重。答志島サワラの西京焼がめちゃおいしくて、佃ライターが「私は昔からサワラは秋がおいしいと思ってましたが、漢字がいかんですよね(鰆)」と。91号のNAGIファイルで紹介しているとおり、答志島でとれるトロさわらはめでたく「三重ブランド」に認定されましたよ! これから1月までが旬なので、伊勢志摩へ来られる人には必食とお伝えしたい。(2号) 

猫ちゃんをすくうクラファン、伊勢市でやっています





野良犬はいなくなった日本ですが、野良猫はいまもいて、交通事故に遭ったり、虐待を受けるなど、厳しい状況に置かれています。
伊勢市では今年初めて、自治体としてTNR活動を実施することになったそう。
飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を行い、野良猫をめぐるトラブルの軽減を図り、これ以上数を増やすことなく、一代限りの命を見守る活動です。
この活動を「ふるさと納税型」のクラウドファンディングで寄附を受付中。
猫ちゃん大好きな方は、ぜひ応援よろしくお願いします。(2号)


■受付期間 令和4年12月31日(土曜)まで
■受付方法 インターネット(クレジットカード等)、環境課窓口(現金払いのみ)


https://www.city.ise.mie.jp/kurashi/pet/1014700.html

ユーチューブにNAGIが

三重のyoutuber・roromichさんから連絡いただき、ご自身の番組でNAGI-90号を紹介してくださったとのことです。津市の双方中方墳を見に行っていただいたようです。まだまだ草が枯れかけの時期ですので、予習としてご覧いただくといいかもしれません。ムカデ等に気をつけて。(さ)
https://youtu.be/E21c4PTDu2M?t=378

#三重県#古墳めぐり#NAGI−90